睡眠

副腎疲労症候群は睡眠障害とよく似ている!?急増中のワケ

投稿日:

睡眠の専門家の依田恭平(よだきょうへい)です。

「朝スッキリ起きられない」
「寝ても疲れが取れない」

日々睡眠の相談に乗る中で、こんな症状でお悩みの方は非常に多いです。

しかし、実はこれらの症状が睡眠の問題だとは限りません。

睡眠問題と非常によく似た症状として、副腎疲労症候群というものがあるのをご存知でしょうか?

今日は副腎疲労症候群と睡眠に関して書いていきます。

副腎疲労症候群とは何か?

腎臓の上にある小さなピラミッド型の臓器のことを副腎と言い、抗ストレスホルモン(コーチゾール)を分泌する役割があります。

体にストレスがかかると、副腎よりコルチゾールが分泌され、ストレスに対処しようとするのですが、ストレス自体の原因がなくならない場合、副腎が永遠とコルチゾールを分泌することになるので、やがて疲弊し対処できなくなるのです。

メカニズムとしては以下の通りです。

  1. ストレスを脳の視床下部がキャッチ
  2. 下垂体から副腎皮質刺激ホルモンを分泌
  3. 副腎からコルチゾールが分泌
  4. ストレスに対処

以下ストレスの原因自体が消えない場合、このループが繰り返されます。

副腎疲労の症状

副腎疲労症候群は睡眠の問題をはじめ、以下のように非常に色々な症状を引き起こします。

  • 朝起きられない
  • 夜に寝つきが悪くなる
  • 日中にダルイ、倦怠感
  • 疲れが取れない
  • やる気や気力の減退
  • うつ症状
  • 集中力の欠如
  • 物覚えが悪くなる
  • 糖分が欲しくなる
  • 強烈にカフェインを欲する(日中に眠気が出るため)
  • 夕方に目が覚め出す
  • PMSが強くなる

これらの内容が4つ以上該当した人は要注意、8つ以上該当した人はよう改善です。

副腎疲労と睡眠問題

副腎疲労と睡眠問題についてもう少し深堀します。

低血圧や低血糖で朝起きられないという話は有名ですが、これは実は副腎疲労症候群で、コルチゾールが分泌されなくなった『低コルチゾール症』の可能性があります。

また、「私は夜型だから夜眠れないんだ!」とおっしゃている人もいるのですが、副腎が疲労すると本来朝方〜起床時にかけて分泌が最大となるコルチゾールが、

夜に分泌されることがあるので、逆に体温が上がって眠れないということがよくあります。

副腎が疲労するとコルチゾール以外にも

  • アルドステロン(血圧の調整)
  • DHEA(抗酸化作用)
  • 性ホルモン(性欲の減退・整理不順)

これらのホルモンも比例して分泌が悪くなるので、様々な症状が出てくるのです。

つまり、様々なホルモンのバランスが崩れることで、巡り巡って睡眠にも問題が出てきます。

副腎疲労症候群の改善方法は?

副腎疲労症候群で睡眠が悪い場合は、まず副腎疲労外来で適切な検査をすることが大切です。

検査方法としては主に「血液検査」と「唾液検査」でコルチゾールの分泌量や日内変動の状態をみてきます。

その上で、ビタミンやタンパク質など栄養療法を行って、症状を回復させていきます。

また、睡眠不足の場合、ストレスに対処する力が弱くなるので、規則正しい生活習慣を送ることも大切です。

こちらは、厚生労働省が推奨している快眠12カ条というガイドラインをですが、参考にしてみてください。

まとめ

  • 副腎疲労症候群は睡眠障害と非常によく似た症状が出る
  • 副腎疲労症候群の原因はストレス
  • 副腎が疲労すると、低血糖・低血圧を招くので朝が起きられなくなり、倦怠感や疲労感と言った症状が出てくる
  • 副腎疲労症候の疑いがある人は、副腎疲労外来で検査すると良い

副腎疲労を改善して睡眠障害を乗り切ろう!

睡眠の専門家
依田恭平

-睡眠
-

Copyright© 依田恭平オフィシャルサイト 睡眠の専門家|睡眠負債を解消 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.