睡眠

ストレスで眠れない時の対処法で辛い夜も快適な夜に!!

更新日:

睡眠の専門家の依田恭平です。

「眠りたい、でも何だかイライラして眠れない、、」

仕事に家事に育児に忙しい現代人の中には
こんな風にストレスで眠れない人も多くいます。

睡眠は人生の3分の1を占める大切な時間

休むときに休まないと
体調不良に陥ってしまったり
日中の仕事にも影響が出てしまうものです。

そこで今日は、ストレスで眠れない人の対処法について書いていきます。

ストレスで眠れない原因とは

ストレスで眠れない原因は以下の3種類に大別できます。(ストレスの原因のことをストレッサーと呼びます)

  • 物理的ストレッサー
  • 科学的ストレッサー
  • 心理・社会的ストレッサー

ストレスで眠れない時の原因は、上記のどこかに問題が起こっている時です。

まず大切なのは、自分はどこのストレスに該当しているのかを把握することです。

次にそれぞれ詳細に見ていきましょう。

ストレスの種類

物理的ストレッサー

温度や光、音など物理的な環境による刺激のことを指します。

エアコンの温度が暑すぎる・寒すぎる、照明がまぶしすぎる・暗すぎる、オフィスがうるさすぎる・静かすぎるなどです。

昨今では、パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器による、ブルーライトなどのも無視できない問題となっています。

音に関しては、工事現場の音、自動車や飛行機の音など、近隣住民との騒音トラブルが含まれます。

科学的ストレッサー

化学物質や有機溶剤、金属、アルコール、タバコ、薬物、食品添加物といったものを指します。

睡眠に関していうと、生活習慣の乱れ→ストレス→さらに生活習慣が乱れる

このようなサイクルを経て、どんどんストレスで眠れなくなってしまう傾向があります。

心理・社会的ストレッサー

私たちがイメージする「ストレス」と言っているものは、心理・社会的ストレッサーのことで、不安、焦り、いらだち、怒り、緊張など、感情の変化をともなうものです。

他のストレッサーと密接に関係していることもよくあります。

ストレスで眠れない現代人の多くはここに問題があります。

オススメの4つのストレス対処法

ここでは、ストレスで眠れないときの4つの対処法について書いていきます。

落ち着ける空間も見つける

訪れると元気が出る、ホッと一息つける。

あなたにとってこんなお気に入りの場所を見つけましょう。

公園や川岸などの自然溢れる環境意外にも、都会のカフェなど、あなたにとってお気に入りの場所であれば問題ありません。

家以外に心をリセットできる場所を持つと良いでしょう。

適度な運動

適度な運動はストレス数値を下げることで知られています。

運動というと大変だったり、難しいイメージがあるかもしれませんが、例えば、いつもはエスカレーターを使っているところを階段に変えたり、座っている時間を少なくしたりする程度でも効果はあります。

ストレス解消だけでなく、血流も良くなるため、むくみなども解消されます。

笑う

笑うという行為は免疫力を高めることで知られています。

ある医療機関の研究では、笑うことで免疫細胞であるナチュラルキラー細胞が活性化するということが分かっています。

日常的にコメディ映画を見たり、友人との会話のなかでも、声を出して笑うと◎

ヨガや瞑想

ヨガや瞑想など心を落ち着け、呼吸を整える時間を持つと良いでしょう。

ストレスで眠れない時は、負の感情が頭でグルグルしているケースが多いので、頭のゴミを出して上げることが大切です。

頭を整理すると、心もスッキリするので睡眠にも効果的。

また、その他にも生活習慣を整えることが大切です。

こちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしょうか?

ストレスで眠れない時の対処法に関しては、先ほど紹介したもの以外でも、リラックスするもの。副交感神経を優位にするものなら何でも効果があります。

自分に合うストレス解消法を見つけてみてください。

  • 自分が何のストレスを抱えているかを把握する(物理的ストレッサー、科学的ストレッサー、心理・社会的ストレッサー)
  • 現代人の抱えるストレスの多くは精神的なストレス(心理・社会的ストレッサー)
  • ストレス解消法を上手に取り入れることが重要である

睡眠の専門家
依田恭平

-睡眠
-, ,

Copyright© 依田恭平オフィシャルサイト 睡眠の専門家|睡眠負債を解消 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.